ナレーション業修行日記#1 〜何事も思いやり〜

私は現在、とあるナレータプロダクションに所属し、プロのナレーターになるべく修行しています。

なぜ志しているのか?ナレーターのプロってなに?ということについてはおいおい書くことに。

今日はレッスンの日でした。毎回毎回反省と気づきと学びがあるのですが、今日もはぁぁぁぁぁぁ!自分はもう!と反省することがありました。そして何事も同じだな、と。

散々言われることの中に

  • 聞き手の気配を感じる
  • 意味だけを伝える

というものがあるのですが、これはもっとわかり易くいうと、

  • 自分のために読まない
  • 気持ちを作らない

ということになります。つまりは、

マスターベーションするな!!

自分に酔いしれて、自分が作ったイメージを伝えると、聞き手は自分の中でイメージを持つことが出来ず、楽しくありません。

ようやく自分の50音が見えて来た、という自信が私を勘違いさせたのでしょう。つい、色を付けてしまいました。

案の定、社長からスパッと切り捨てられ、録音した内容を聞き直すとまぁ気持ち悪い。なんというか、あざとい感じがするんですよね。声には心がよくでます。

なんのために声を出すのか?誰に紡いでいるのか?

基本に戻って読み直すと、感情を入れていないにも関わらず、躍動感があり聞いていて嫌味がない。

やれやれ、私はなんて自己本位なんだ・・・と猛烈に恥ずかしくなった本日でした。

考えてみれば、仕事も結婚生活も、相手への思いやりが全てですよね。

自分だけ気持ち良くったって、何も拡がらないし結局面白くない。

そんなことを考えながらの帰路でした。さぁ、また頑張ろう!!

Advertisements

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s