Recent Posts

ナレーション業修行の道#6〜マスタリーへのヒント〜

皆さんは、達人のサイエンスという本をご存知ですか? 私の愛読書なのですが、非常に優しく本質的でかつかっこいい本です。読み返すたびに発見を勇気をもらえる本で、いつも目の届くところに置いてあります。 今日は、プロのナレーターを目指す私が、今現在この本からアドバイスをもらって意識していることをご紹介します。 私のように、プロのナレーターになろう!と志している人もいれば、例えば、多くの人に使われるサービスを作ろう!△△な会社を作ろう!□□な人になりたい!など、皆さん様々な志や目標を持っているのではないかな、と思います。(目標に、大きいも小さいも、すごいもすごくないもありません) その中で、気をつけること。特に(自分で言うのもなんですが)マジメな私は以下の3点を現在意識しています。 よくない指導 くそまじめ 完全主義 これらは、達人のサイエンスの第12章マスタリーの道での落とし穴に書いてあります。 「マスタリーの道を歩み始めるのはやさしい。本当に難しいのはマスタリーの道を歩み続けることだ。最も真剣な旅人にはいいことばかりではなく落とし穴も待っている。それらを全て避けるのは無理にしても、落とし穴の存在を知っておくことは役に立つ。」(本書PP.145より) 私は現在、信頼している師に指導を仰いでいます。金沢さんのすごいところは、全て本人に考えさせること。答えをはなから教えることはしません。気づくためのヒントをくれます。かつ、その通りにやるとみるみるうちに自分の声が変わっていくのが分かるのです。なので、 よくない指導 については今は該当しません。ですが、いつでも意識していたいと思います。ナレーション業は日々の生活の中でも、経験値をあげることができます。その意味で、関わる人、例えば職場の上司など、上の立場の人間だからと言って何も考えず一方的に習うといったことは避けていきたいです。 また、 くそまじめ 完全主義 については、幼い頃からの課題です^^; 「マスタリーの道で出会うでこぼこ岩だらけの場所は、もし笑いというものがないならば、苦痛のあまり耐えられないものになるだろう。ユーモアはあなたの重荷を軽くするだけでなく、目の前を照らしてくれる。くそまじめだと視野が非常に狭くなる。自分を笑えるようになれば、明るいビジョンを持てるようになる。マスタリーへの航海で仲間を選ぶ時は、残酷なほど厳しい人、自惚れの強い人、くそまじめな人に用心しよう」(本書pp153より) 「現代のテクノロジーによって、われわれは多くの人々の成し遂げた見事な偉業を茶の間にいながらにして楽しむことができる。しかしある意味でこれば残念なことだ。(中略)こうした現状では、マスタリーについてどう話しても意味がないように思えてくる。そして、単純に自己批判的になる者も出てくる。世界のトップランクと自分との違いを考えることもなく、自分ばかりが他の誰にも到達できない高い基準を設定してしまうーーーこれほど創造性を破壊するものはない。完璧さがマスタリーなのではない、ということにわれわれは往往にして気づかない。マスタリーはプロセスのなかに、旅そのものの中にあるのだ。 達人とは、明けても暮れても道を歩み続ける人間なのだ。進んでトライし、失敗し、そしてまたトライし、生きている限りそれを続ける人間のことなのだ」(本書pp154−155より) ついつい、練習にしても完璧を求めてしまい、現時点の実力以上のジャッジをしてしまいます。 今あがいても仕方ないじゃ〜ん! と思えるように(怠惰とは別物)、英語で言うと in the long run の精神で取り組んでいこう!と思います。 なお筆者が提言する落とし穴は全部で13あります。ご興味のある方はぜひ一度ご自身でお読みになってください^^ ユーモアを持って、生きていこう!!        

ナレーション業修行の道#5〜強弱だけで躍動感〜

久しぶりのナレーション業ネタです!今日はタイトルの通り、 強弱だけで躍動感が生まれる についてお話しします。そもそも、ナレーション力とは、以下の手順で培われていくものだと思っています(so far)。 ①50音の習得 ②聞き手を意識 ③意味を伝える ④意味を言葉として理解する ⑤言葉を紡ぐ 今日の話は、⑥に当たる部分だと理解しています。⑤までできていると、一生懸命読んでいるのは伝わるのですが、リスナーとして聞いた場合、 「なんだか、うるさいなぁ」 と感じることがほとんどです。一言一句丁寧に伝えるのは素晴らしいことなのですが、聞き手からすると、「全部聞いて聞いて」と言われているようで、結局言いたいことが伝わってない、となりがちです。 そこで⑥の登場です。ズバリ、 ⑥強弱をつける そんなの当たり前じゃーん!と思ったそこのアナタ。そうなんです、そうなんですが、いきなりやろうとしてもこれまた出来ないんですね〜。不思議なことに①〜⑤を鍛錬していないと、⑥が生きない。何事も順序が大切だと都度感じます。 さあ、それではどうやって強弱をつければいいのか。私が慕う金沢さんの指導を纏めて見ます。 文中で「重要だ」と思うことを強 文中で「さほど重要でない」と思うことを弱 強は自分の体が2倍になった感覚で 弱は自分の体が半分になった感覚で それ以外は普通のトーン 目安は6;2;2=普通;強;弱 ※内容によって配分異なる 言葉にすると、とても単純なことです。しかし、さらなるポイントが。 強弱の中には、必然性がある 強弱の中にも、種類がある ここまで押さえられると、ようやくお金をいただける最低ライン。 大切なのは、 強弱何れにしても、意味を山で伝えるイメージ ※一方的に押し付けず、相手に波動で届ける 文章として不自然でなければ、自分流の強弱でOK ※それが個性になっていく ただし、「不自然」なのはNG。自分で気が付くこと   これらを意識してやると、最初はぎこちないのですが、慣れてくると意味だけ飾らず伝えているだけなのに、躍動感が感じられるナレーションになります。気持ちなんて入れてないしましてや作ってもないのに! 何事も順序。そして不自然さに気がつくセンス。 今日もまた、新たな学びを得たのでした。ますます頑張るぞ〜。それではまた。        

東山魁夷展へ行ってきました。#2

本当にたくさんの作品が展示してありました。一つ上の階に上がると、これまで風景のみを描いていた作品から一変、突如白馬が現れます。作品名は、「白馬の森」。   ”頭の中に突如としてあわられたのが白馬でした。 (白馬は何の象徴ですか?) それはみる人の自由です。”   これを聴いた時、ある一冊の本を思い出しました。ある一線を超えた方々には突如、降ってくるアイデアやモノがあるのだと思います。 また、その見えた白馬は何の象徴なのかという問いに対し、「みる人の自由です」と答えたという東山さん。ナレーションの世界でも同じだなぁ・・・と。我々の仕事は、創り上げた人物や情景を伝えることではなく、言葉を紡ぎ、意味を伝えることで、視聴者の頭の中でイメージを楽しんでもらうことです。僭越ながら、表現者としてのスタンスに共感しました。 続いて目に入ったのが「白い朝」。東山さんの肉声より一部を記載します。   ”長年自然と対峙してきて思うのは 望んで生まれた人はいないし、 望んで死ぬ人も多くはないので、 人は生かされていると言えるのではないでしょうか。 全て根っこで繋がっているような気がするのです。”   長い間、真摯に自然と向き合ってきた人だからこそ出る言葉なのだと思います。一般論として、人は望んで生まれないし死ねない、だから生かされている、だから生きなきゃいけない感謝しなきゃいけない、、と聞くこともありますし、私も1回くらいは似たようなセリフをどこかで言ったような気もします。 けれども、ここまでの人の口から出るこの言葉。重みが違いますし説得力が圧倒的に違います。正直、生まれて初めて「人は生かされている」んだな、とすっと心の底から納得しました。 もうすでに胸が十分すぎるくらい熱く、いっぱいだった私がついに涙を流してしまったのは、東山さんの最期の作品、「夕星」を見た時でした。 サインをしては塗りつぶし、なんども何ども書き直したと言います。正面に佇む4本の杉の木は、東山氏の亡くなったご家族でしょうか。という解説に、あぁ、きっとここに召されていかれたのだなぁと感じ、気がつけば涙が溢れていました。   最後まで、筆を撮り続け、自然と向き合い、様々な葛藤と向き合い、人々に感動と勇気を与えてくださった、東山魁夷さん。 ただただその絵の美しさに感動しただけでなく、本物としての佇まい、知性と品格を感じました。そして何よりこれから生きていく勇気をいただきました。 こんなにも心が震えたのは数年ぶりかもしれません。 連れて言ってくださった義両親に感謝です! まだまだひよっこな私。純粋と愛を根底にもち、努力を継続し、新しい感激を持ち続けていきます!          

東山魁夷展へ行ってきました。#1

京都から無事帰京。(帰京って、京都にも使えるのか・・?)Anyway, 無事に帰ってきました。 2泊3日、名古屋と京都の旅。親友と義父義母に会ってたくさん話して愛情とエネルギーをたくさんいただきました。感謝と感動で胸がいっぱいです。 かつ、今日は義父の提案で、京都国立近代美術館で開催されていた、東山魁夷展〜本当の「あお」に出会う〜へ行ってきました(お義父さんありがとうございます!) ここでは東山魁夷さんの作品を見た感動を、色褪せないうちに記したいと思います。     東山さんの代表作のうちの一つに「道」があります。(実物は、ネット画像よりもっと長く長く続く道に見えました)この作品では、音声ガイドの中に東山さんの肉声も入っています。   ”この作品は、戦後間も無くして描きました。 (中略)このみちは、行き先の分からない未来にも見えるし、 過去に見える時が私にはあります。誰にもこの先がどうなるか分からない。 けれども、 根底に純粋な気持ちを持つことが大事なのではないでしょうか。 私も、この作品を書いたときは純粋な時期だったと思います。 そして常に初心を忘れず、 新しい感激を持って生きることが 大切なのではないかと思うのです”   あくまでも、私の記憶による内容なので一語一句その通りではありませんが、私はこの音声を聞いた時ハッとしました。根底に純粋な気持ちを持って初心を忘れず、新しい感激を持って生きること。今一番私ができていないこと、と痛感。。。。と共に、プロフェッショナルと言われる人たちの共通ワードと気が付いたからです。かつ、言い方がとても謙虚。何度も何度も再生し、響いた言葉をメモに残していました。   入場してものの10分で「道」に出会い、感嘆と自分への落胆にさいなまれながら続いて見たのが、「秋翳」。こちらは肉声ではなく解説でした。   ”三角形の山を描くことを決めたものの、 その通りの形を見つけることができなかった魁夷。 そのため、様々な山々をかき集め完成させたと言います。 描き上げたあと、不思議なことに魁夷は、 このような山をよく目にするようになったと言っていました”   自分のイメージで描くこともおそらくできたであろうに、常に本物の自然と対峙し、描き続ける東山さんのプロフェッショナルさを感じてまた感動。 余談ですが、私は6歳から12歳くらいまでピアノを習っていたのですが、その頃に「守破離」という言葉を聞いて妙に納得したことがあります。 譜面通りに弾かなくても、自分の感情に合わせてフォルテにしたりピアニッシモにしたり、ペダルを踏んだり離したり。それで心地よく弾いていた時がありました。しかし、録音して聴いてみるととてもうるさく、全く響いてこないんですね。 大人しく譜面通りに弾いてみると、これは驚き。非常に耳に入りやすい。 さらに継続して練習したのち、感情をちょこっとだけ乗せると先生から「素晴らしい!」のお言葉が。 ナレーションも全く同じなのですが、なんでもイメージや自己流でやっても、満足するのはその時の自分だけ。本物と言われる人は常に客観的に本物と対峙をし鍛錬をしている。 そのことを彷彿させる作品でした。 (#2に続く)